中古住宅で手に入れる高級住宅|贅沢な暮らしを実現

一軒家

新しい家を造る方法

家の模型

兵庫で注文住宅を造る際は、建設してもらう業者を住人自身が決められます。それによって個性的な家を建てられるのです。注文住宅は保有しているインテリアに合わせて家を造りたいと考えている方にとっても魅力的な住まいです。

もっと読む

こだわりの家造り

間取り図

注文住宅が人気である理由は、やはり自分たちの望み通りの家を造れるという点に尽きます。最近はシンプルなデザインのものが人気のようです。安易に大手ハウスメーカーに依頼するのではなく、その業者の事をしっかりとチェックしてから建築業者を選びましょう。

もっと読む

住宅を選ぶポイント

家

一戸建ての購入考えている時には、事前に多くの物件を見学することが大切です。建売住宅を購入する場合でも、注文住宅を建築する場合でも、多くの住宅を見学していれば、その知識を活用してより良い住宅を選ぶことができます。

もっと読む

団塊世代に人気

一軒家

バブルのころの住宅

高級住宅の価値が低下してきています。高級住宅が建設されたのはバブルのころになりますので、すでに20年以上経過してきています。高級住宅は、都市部のみならず、リゾート地などにも相次いで建設され、当時の販売価格は1億円以上するものも多くなっています。しかしバブル崩壊後これらの住宅を手放す人が増え、空き家が多くなっています。特にリゾート地など、セカンドハウスとして持っているものは売却されるケースが多くなっているのです。そして20年経過した今、再度、高級住宅を求める動きが活発になっています。団塊世代は、バブルの時代を生き抜いてきた人です。再度そのころの贅沢を味わうために高級住宅の中古を購入しようとしているのです。

リゾート地に住む

価格もかなり安くなっています。当時の10分の1程度の価格で購入できるものもあります。そのため、格安で手に入れることができるのです。都市部は地価の影響があるため、そこまで安くはなりませんが、リゾート地では、大幅な価格低下により格安物件が多くなっています。仕事をリタイヤした人になりますのでセカンドハウスとしてではなく、余生の住処として購入する特長があります。リゾート地ですので、買い物などは多少不便ですが、広い部屋やプール付きなどかつての華やかな状況はそのまま利用することができます。一括で購入することもできる程度の金額ですので、退職金などを利用して購入する人が多くなっています。都市部を離れて田舎暮らしを求めている人には最適です。